禁煙グッズ「脱煙草マニュアル」

喫煙と病気

喫煙と病気

肺がん

禁煙,グッズ 日本人の死因第1位の座を、20年も守っている病名。 それは、肺がんです。

色々な死因がある中で、肺がんで亡くなる人が最も多いのです。肺がんはそれほど恐ろしい病気であり、最も発症したくない病気なんです。
肺がんは肺の一部の細胞が異常を起こすことですが、この細胞に異常を起こす原因の1つが、喫煙だと言われています。
喫煙をすることにより肺の細胞に悪影響を与えているのです。
このように、肺がんが発生するリスクは、喫煙によって高くなりますが、逆に禁煙によって低くもなります。 もう何年も喫煙しているから、今さら禁煙しても意味がない、そんな考えは間違いです。 細胞の異常は突然起こるものなので、禁煙が遅すぎるということはないです。
そして、禁煙が肺に与える影響は、がんのリスクを下げるだけではありません。 喫煙によって痛めつけられた肺を、禁煙は元の正常な状態に戻す効果があるのです。 肺が痛めつけられた状態だと、がん以外にも、結核や風邪などの様々な病気の原因にになりやすくなります。

喫煙者は非喫煙者よりも病気になりやすい

禁煙,グッズ 喫煙者は非喫煙者に比べると病気になる確率が非常に高く、癌については非喫煙者の数倍の確率でなると言われています。

特に肺癌などは非喫煙者に比べて4倍以上の確率でなると言われています。

ホーム RSS購読 サイトマップ