禁煙グッズ「脱煙草マニュアル」

基礎知識

基礎知識

タバコをやめるための3つの方法

禁煙,グッズ 禁煙をする為には、自分自身で止める、薬局で相談する、医療機関で相談するという具体的には3つの方法があります。
自分自身で止める
ニコチンへの依存度が低い人は、自分自身で止めることも難しくないです。手軽に手に入る禁煙グッズなどでも簡単にやめることができます。1日の本数が少ない方はここからチャレンジ!
薬局で相談する
ニコチンへの依存度が高いかどうかは、起床後から、1本目のタバコまでの時間がどの程度かで推測することができると言われています。朝起きて、まずは一服という方は、ニコチンへの依存度が高い傾向です。そのような場合には、ニコチン依存症として治療を考えることが重要です。薬局ではニコチンパッチを購入することが可能できますので薬剤師さんに相談しつつ、しっかりした禁煙にトライしてみてください。
医療機関で相談する
「ニコチンパッチは試したけどダメだった」、「病気のために絶対に禁煙しなさいと言われているけれど自信がない」、という方には、禁煙外来を受診されることをおすすめします。今日本では新しい禁煙治療方法もできるようになっています。

日本人の喫煙率

禁煙,グッズ タバコの害が広く認知されている米国、英国と比較すると約2倍になっています。
日本人の喫煙率は世界的に見ても非常に高いです。

ニコチン依存症

禁煙,グッズ 体への影響も、社会通念上も、経済的負担を考えても、喫煙は止めた方がよいと思っている。しかし、止められない。この状態は実は「依存症」と呼ばれる状態なのです。喫煙の場合に依存しているものは、ニコチンという薬物です。すなわち、喫煙行動はニコチン依存症によるものなんです。

ニコチンは、きわめて依存性の高い物質で、脳内での快感や達成感を感じるホルモンを放出させるために、血液中のニコチン濃度が下がってくるとどうしてもほしくなってしまいます。これは、気持ちや精神的な問題というよりもきわめて生理的・薬理的な減少です。よって、理性ではコントロールできずに喫煙を続けてしまうのです。

ホーム RSS購読 サイトマップ